空気が変わるS.O.D Liquid

S.O.Dリキッドで空気が変わる!

S.O.Dリキッドは臭いやVOCを吸着するのではなく、
分解して無害化します。
その仕組みを見ていきましょう。

VOCを分解するメカニズム

  • S.O.Dリキッドを壁・床・天井・カーテン・家具などの表面に塗布。
  • S.O.Dリキッドを吹き付けた面から6.27μ(ミクロン)の遠赤外線が放射される。
  • 空気中の水分が遠赤外線のエネルギーを吸収し、水分子に起因するイオンが生成される。
  • 生成されたイオンが空気中の有害物質を水和化して除去します。

遠赤外線が放射され・・・

S.O.Dリキッドをスプレー・コーティングした床や壁からは、波長6~14ミクロンの遠赤外線が放射されます。
この遠赤外線は育成電磁波と呼ばれ、植物の育成から動物の健康維持、体力増進になくてはならないといわれています。
なかでも6.27ミクロンの遠赤外線は水分子共振波長といい、空気中の水分子(H2O)に働きかけることでイオンが生成され、生成されたイオンが空気中の有害物質と水和化して分解・除去されます。

それは自然の力

これらの働きをするために必要なエネルギーはS.O.Dリキッド自体が持っており、電力その他のエネルギーを必要としません。例えば電子レンジは電力によって水分子に働きかけて加温する仕組みですが、S.O.Dリキッドに電子レンジほどの強力なエネルギーは必要ありません。森の微生物が動植物を分解して土にかえすように、S.O.Dリキッドは化学物質を普通の水(水蒸気)に戻すのです。

S.O.Dリキッドは働き続ける

S.O.D リキッドのVOC(揮発性有機化合物)分解力

VOCの分解による濃度低下をグラフで見ると次のようになります。ホルムアルデヒドをはじめVOCはいずれも施工後に濃度が低下し、日数がたつとさらに減衰します。これはS.O.Dリキッドが働き続けているからです。 VOC濃度は室内換気によっても低下しますが、数日でこれほど劇的に減衰することはありません。S.O.Dリキッドは室内換気だけでは手に負えない場合も、VOC濃度を大きく低下させます。

VOC濃度減衰の実例

市販の消臭剤とは異なる消臭効果の持続

消臭効果の仕組みもVOCと同様に、遠赤外線の放射によって臭い物質を分解し続けるためと考えられています。
例えば汗の臭いの原因となる物質の代表はアンモニアやイソ吉草酸(きっそうさん)ですが、
これらの物質濃度がS.O.Dリキッドによって大きく低下することが公的機関による試験で確かめられています。
また、その効果が持続することは、ボクシングジムなどの施工実績からも確かめられています。

インフルエンザウイルスが大幅減少

S.O.Dリキッドがスプレーされた環境では、インフルエンザウイルスの数が大幅に減るという試験結果が出ています。
これを「ウイルス不活化」と言います。まだ完全に解明されていない部分もありますが、自然の力で空気を本来あるべき状態に戻す効果があると考えられています。

防かび効果(抗酸化作用)

抗酸化試験.試験期間10日.
左:S.O.D施工(カビの発生が認められなかった)右:S.O.D未施工(カビの発生が認められる)

S.O.Dリキッドによってカビの発生を抑える効果があることもわかっています。
保存容器にいれた食パンで実験を行ったところ、何も加工していない容器に入れた食パンはカビが発生していますが、内側にS.O.Dリキッドを塗布した容器に入れた食パンには10日後にもカビが生えませんでした。
これらを酸化防止効果・抗酸化効果といいます。住宅内では基礎断熱した床下にS.O.Dリキッドを施工することでカビの発生を防いでいる例がたくさんあります。

いやし効果

S.O.Dリキッド工法によるいやし効果を科学的に説明するのは難しいのですが、自然の力で空気を本来あるべき状態に整えることが「いやし」の仕組みと考えられます。遠赤外線やマイナスイオンの発生や抗酸化作用が人にも働きかけるようです。

そのいやし効果に着目して、多くのエステティックサロンがS.O.Dリキッド工法を導入しています。最初の導入例となったサロンでは、スタッフの皆さまにも「お店の中が清々しい」「空気が柔らかく感じられて呼吸しやすい」と施工前との違いを実感していただきました。

サロンの施工事例はこちら

新車のニオイがきつい方へ

化学物質に敏感な方からのご相談が絶えないのが「新車のニオイ」。
あの新車独特の臭いも、実は化学物質臭です。
住まいのシックハウス対策であるSODリキッド工法は、車にも有効です。
車の内装にSODリキッドを吹き付け、車内の化学物質を除去し、あのニオイを取り除きます。

日本よりもさらに深刻なシックハウス問題を抱える中国では、住宅へのシックハウス対策として
すでにS.O.Dリキッド工法が利用されておりますが、大連のVOLVO社では、
新車の納入時にS.O.Dリキッド工法を施工し納車しています。
車内の化学物質濃度を引き下げ、新車独特のにおいを取り除くことができるので、
オーナーさまの満足度も高いとうかがっています。

第三者機関による様々な試験データでもS.O.D リキッドの効果が証明されています。

●消臭試験 ●血流測定試験 ●定着持続試験 ●ガス除去性能試験 ●抗菌性試験 
●防カビ試験 ●皮膚炎改善試験 ●13有害化学物質試験 など