シックハウス対策の真相

はじめに

2003年7月から建築基準法が改正・施行され、住宅に限らず、ほとんどの建築物がシックハウス対策を行うことが義務づけられました。家にいることが原因で頭痛や吐き気などに襲われるこの病気を予防するため、大きな原因と考えられる化学物質のうちホルムアルデヒドとクロルピリホスの規制と、換気設備の設置義務化が始まったのです。
しかしシックハウスは現在でも診断や治療が難しいなど、問題がすべて解決したわけではありません。また、シックハウスなどをきっかけに微量の化学物質に触れるだけで体調を崩す化学物質過敏症は、より治療が難しい現状があります。何より、この病気に対して社会の理解が低いことで、時に患者の心を傷つけることにもなるのです。

これからマイホームを建てようと考えている人も、みんながみんな、シックハウスについて知識を持っているわけではないと思います。室内の空気に悩むことなく、1人でも多くの人が健康で明るく暮らしてほしい。その願いで起業したアシスト理研ですから、シックハウスにならないための基本的な対策と、危ないなと思ったときに病院にかかる前に知っておいた方がいいことなどをまとめました。

建材の選択・施工はここに注意

シックハウスにならない家を建てるために大切なことは、適切な建材の選択と換気量の確保の2点。特に建材は一度施工してしまうと簡単には交換できないだけに、細心の注意を払いたいもの。注意したい化学物質と建材の選び方・使い方について紹介します。

問題となっている物質

シックハウスは、主に住宅に使われる建材等から放散される有害化学物質(揮発性有機化合物)が原因とされており、国土交通省では2003年7月、代表的な有害化学物質であるホルムアルデヒドとクロルピリホスを規制するため、建築基準法を改正・施行しました。これがいわゆるシックハウス新法で、わが国の住宅でこの2つの化学物質については、健康的な人であればほぼ問題ないレベルにまで対策が進んだと言えそうです。

まずは成分の確認から


〈家の下地になるOSBという建材にもF☆☆☆☆のマーク(赤枠)〉

対策の基本としては、まず塗料や接着剤は成分をよく吟味して適切な製品を選択することが大切です。塗料や接着剤は、現在ではホルムアルデヒドの放散量が少ないJIS(日本工業規格)のF☆☆☆☆対応品が主流になっていますが、ホルムアルデヒド以外の化学物質はF☆☆☆☆のマークだけではわかりません。そこでMSDS(製品データシート)を住宅会社に取り寄せてもらい、成分を見てもらうといいでしょう。
また、適切な製品を選んだとしても、施工や現場管理が不適切では意味がありません。最近では接着剤の使用量が多すぎたり、外装材の塗装時に放散された有害化学物質が室内に侵入したために、有害化学物質濃度が高くなってしまった例もあります。

新しい家具にも注意


〈化学物質過敏症の人が、建材を吟味しながら建てている家.表面から揮発性成分がでなくなった古材を多く使っている〉

居住者が持ち込む家具や、芳香・消臭剤、化粧品類なども有害化学物質の放散源となる可能性があるので注意が必要です。
気に入って購入した家具でも、すぐに使わず、できれば屋外か使っていない部屋に1~3日放置しておき、初期の臭いを抜くようにするといいでしょう。芳香・消臭剤や化粧品類に関しても、サンプルの臭いを嗅いだりして安全性を確認したいものです。

このほか換気システムを24時間、確実に作動させておくことも大切です。いくら建材の選択が適切であったとしても、有害化学物質の放散が全くないとは限りませんし、微量でも徐々に室内に溜まれば、やがては高濃度になる可能性もあります。室内に放散された有害化学物質は、換気によって速やかに排出することが、室内の空気環境を守るうえで非常に重要になるので、換気システムは現場で取り付けた直後からフル回転で作動させておくといいでしょう。

24時間換気を行った上で、空気中の有害物質を分解・無害化するS.O.Dリキッドを壁や天井・家具にスプレーすると、シックハウス対策はもちろん、消臭や防カビ効果も得られます。詳しくはこちら>>

化学物質だけでないシックハウスの原因

「健康住宅」が盛んにPRされています。しかし、有害化学物質だけを配慮すれば健康な住宅が実現するというものではありません。室内の寒暖差解消、カビ・ダニのいない清潔性が守られて初めて健康住宅と呼べるでしょう。ここではこれらの問題を総合的に捉えて、建て主がやるべきことを実践的に見ていきたいと思います。

他人まかせは危険です

健康住宅づくりを考える前に、まず、どのような環境が健康な暮らしと言えるのかを押さえておく必要があります。
よく、6月の森の中の気候が理想的な環境と言われます。本州であれば梅雨入り前、北海道であれば6月下旬のさわやかな暖かさと日だまり、そして森にいるような澄んだ空気が人間にとって最も健康的であり、これを細かく見ていくと、暖かさという温度環境と日だまりという熱源、澄んだ空気という空気環境の三要素がまず、快適な暮らしの基本となります。

健康な暮らしをつくることはそれほど難しいことではありません。しかし、そのためには家づくりを住宅会社任せにせず、オーナー自らが勉強することが大切です。不勉強の結果、不健康な住宅ができ家族が健康を害したとしたら、それは取り返しのつかないことです。私たちとその家族の健康は自分で守る覚悟が必要なのです。

大切になる住宅の基本性能

それでは実践的な健康住宅づくりのためのポイントを紹介していきます。
基本となるのは先にも触れた温度環境と空気環境。そのためには、住宅の断熱・気密・暖房・換気性能を高め、室内の温度・湿度・空気の質をコントロールできるようにすることが必要です。

住宅内の温度環境が悪いために健康を損なう例として、次のような点が指摘されています。例えば、真冬の夜中に暖かい布団から抜け出して寒い部屋を通り0℃程度まで温度が下がったトイレに入ると、その温度差が身体にストレスを与え、場合によっては脳卒中などの引き金にもなることがわかってきました。しかし、既存の住宅では暖房費その他の関係からトイレには暖房をつけず、寒さを我慢している家庭が多いのではないでしょうか。この手の我慢は少なくても体にとっていいものではありません。室内の温度は22℃から16℃の間でコントロールするべきなのです。

最近の住宅は確かに以前と比べれば断熱・気密性能が向上してきました。しかし、健康な暮らしをつくるために必要なレベルに達している例は、まだそれほど多くありません。売り言葉だけで中身の伴わない「高断熱・高気密」が多いのです。
ではどのくらいのレベルなら、室内の温湿度・空気環境をコントロールできるのでしょうか。最低でも北海道の省エネルギー基準以上のレベルが全国共通で推奨されます。

化学物質による過敏症対策
1に換気、2に建材の選択

ホルムアルデヒドを中心とする室内空気汚染は、人によって化学物質による一種のアレルギーを引き起こすことがあり、場合によっては化学物質過敏症にまで発展する恐ろしい問題ですが、この問題の難しい点は、個人差が大きいことです。大量の化学物質による被爆=中毒症とは異なり、ごく微量の被爆であり、それによってアレルギー反応を引き起こす人もいれば、全く症状が現れない人がいるのです。このため、実際は化学物質によるアレルギーを引き起こしているのに、周りからは「自分はなんでもないのに」とか「精神的な問題では?」、などと理解が得られなかったり、全く逆のケースでは原因はほかにあるのに化学物質が問題だと思いこんでしまうことが考えられるのです。

現在、人体にとって有害な化学物質を放出する可能性を指摘されているのは、ビニールクロス、木質フロア、キッチン・下駄箱などの木質キャビネット、ペンキ・塗料、各種接着剤などであり、室内に露出している建材のほとんどが何らかの化学物質を放出する可能性があるのです。


〈S.O.Dリキッド工法がVOCを分解するメカニズム〉

その対応については、基本となる解決方法は24時間換気です。全ての有害化学物質をなくすことができない現状では、換気が最もベーシックな対策なのです。
次に、化学物質放出量を抑制するための建材規制です。幸いにして新法施行によりホルムアルデヒドについてはほとんど心配がなくなりました。ですから注意しなければならないのは、代替品として使われはじめた新しい化学物質や、塗料などの有機溶剤系ということになります。
また、空気を整えるさまざまな作用があり、有害化学物質を分解・無害化するS.O.Dリキッド工法を新築・入居前に施工すると、シックハウス対策となります。詳しくはこちら>>

カビ・ダニ・ハウスダスト対策
結露をなくす換気も重要

カビ・ダニについても触れたいと思います。カビ・ダニ・ハウスダストはアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそくとの関係が深く、以前から室内環境の大きな問題とされてきました。しかし、高断熱・高気密住宅なら、ちょっと環境づくりに気を遣い、上手に住みこなせば、かなりの環境改善が可能です。

カビ・ダニ・塵(ちり)によるアレルギーは、これらが浮遊する室内空気を呼吸によって体内に取り込むことで引き起こされます。
塵とは空気中に浮遊する0.1mmまでの微粒子の集合体を言い、このうち0.1mm以上の微粒子は静止空気内で沈降しますが、それより小さいものや空気が動くときは室内を浮遊する性質を持っています。
ハウスダストといった場合はこれより範囲が広く、床や棚などにたまって層を作っているいわゆるゴミも含まれます。
さてそのハウスダストの正体は、ほとんどが人の生活によって生み出されるものなのです。具体的には衣類や紙の繊維、人間の皮膚片(フケ)、毛髪、ペットの皮膚片など、さらには土砂、花粉、種子、そしてカビ・ダニです。

カビやダニを寄せつけない高い住宅性能

東京都健康安全研究センターのWebサイトから
http://www.tokyo-eiken.go.jp/assets/issue/health/20/3-1.html

これら無数のハウスダストのうち、実はほとんどがアレルギーの原因(アレルゲン)になるとされており、羽毛などは特に有名ですが、最も深刻なのは「チリダニ」です。チリダニは鳥やほ乳類、そして当然人間の居住環境に住み着き、生きているダニのほか、死体や廃棄物、糞などもアレルゲンとなります。このうち廃棄物や糞はハウスダストとして空気中を自由に動き回り、それを人間が吸い込むことでアレルギーを引き起こすと考えられています。
チリダニと関連があるとされる病気はアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎、これらの合併症として発病しやすいぜんそくなどが有名であり、小児急死症候群という子育て中の人なら聞いたことのある難解な病にも関連しています。
チリダニの生息場所は、布団、枕、ベッド、ソファ、クッション、ぬいぐるみ、そして畳とカーペットなど。このうち畳も含めた寝具のまわりが特に多いとされています。
チリダニは人間のフケなどのハウスダストを食料にして、またそれらの中に潜んで生活しており、またカビの生態もこれらと深くかかわっていることから、カビ・ダニ対策とはこれらが発生しにくい環境をつくり、さらにハウスダストを除去することに他なりません。

室内の壁や窓に結露が起きない住宅性能と暖房・換気が重要

カビ・ダニの発生を抑えるためには、室内で結露を起こさない、湿度70%以上の高湿な環境をつくらないことが非常に大切であり、これに尽きると言えます。高断熱・高気密住宅は湿度を抑えることができるため、カビ・ダニが生息しにくい環境となります。
次にハウスダストの除去方法ですが、空気中のハウスダスト濃度を低く抑えるには、屋外から新鮮空気を取り入れる換気が最も有効です。屋外の空気にも花粉などのアレルゲンはあるのですが、室内で生産されるハウスダストはごく少ないと考えられるからです。

アトピー性皮膚炎は団地住まいの子供たちに多いと言われています。これはなぜでしょうか。
もちろん食生活やその他の環境も大きな影響があることは確かです。しかし建物の問題も間違いなくあるのです。考えられることは、現在の一般的なコンクリート建築は気密性が高いが断熱性が低く、換気が不十分、全室暖房が行われないなどにより、室内で湿度が高い部屋や場所ができ、カビの発生やダニの成長にはもってこいの環境をつくっている点です。このような居住環境は由々しき問題といわねばなりません。住宅の造り方によって環境は大きく変わり、人を健康にも不健康にもしてしまうのです。

VOC・揮発性有機化合物とは

建材等から放散する可能性のある化学物質のうち有害性が高いと言われる代表的な物質。
ホルムアルデヒド:無色で強い刺激臭のある物質で、合板やパーティクルボード等の建材やクロスを貼る際の接着剤等に含まれているものがあります。
トルエン:通常は無色の液体で接着剤や塗料の溶剤等に用いられます。
キシレン:無色透明の液体で、接着剤・塗料の溶剤や可塑剤の原料として用いられます。

健康への悪影響

ホルムアルデヒドの健康への影響については、急性の影響では目がチカチカしたり喉が痛くなるといった症状のほか、高濃度での呼吸困難等が報告されています。また、慢性的な影響ではアレルギー性の病気と関連があると報告されています。
トルエン、キシレンの健康への影響については、高濃度での自律神経異常、肩こり、冷え症、頭痛、めまい、吐き気等が報告されています。

ホルムアルデヒド等を低減するためのポイント

住宅を建設するとき

① 建材・住宅部品の選び方
住宅会社と住宅の仕様等に関する打ち合わせを行うときは、内装材など室内空気への影響の恐れのある部分に使用される建材等について、十分注意してもらうとともに、ユーザー側もできるだけチェックしましょう。

② 通風・換気の計画
住宅の室内に放散したホルムアルデヒド等を除去していくためには、室内の空気を強制的に屋外に排出する機械換気が有効です。換気は2時間で家全体の空気を入れ換えることが基準化されたほか、効率のよい計画が必要です。

③ 入居までの十分な換気
建材やホルムアルデヒド等の種類によっては、一定期間放置すればその放散が減るものもあります。このため、工事期間中から機械換気を運転し、十分な換気をすることが効果的。

 

住宅を購入するとき

建売住宅や分譲マンションを購入する際には、事前に住宅販売会社等に建材の種類や仕様を問い合わせることももちろん必要ですが、一番簡単なのはモデルハウスで実際に臭いを確かめること。モデルハウスが臭ければ“失格”。モデルハウスがだいじょうぶなら実際の住宅がだいじょうぶという保証はありませんが、ダメな会社はモデルハウスからしてダメなケースが多いようです。

住まい方のポイント

新築後しばらくの間は、ホルムアルデヒド等の放散が高い場合が予想されるので、臭いがある場合や目がチカチカする場合には換気を最大に行うことが大切。このとき室内ドア、窓等を全てあけて換気することが効果的です。
特に夏場など高温で湿度の高い時期は、建材からのホルムアルデヒド等の放散が促進されるので、特にこまめな換気が効果的。
家具やカーテン・カーペット等もホルムアルデヒドを発散する可能性があります。換気の際に家具の扉や引き出しを開け放し、空気にさらすことが効果的。
シックハウス症候群や化学物質過敏症を発症する前に、S.O.Dリキッド工法などをぜひ採用してほしいです。